2017年9月24日日曜日

週末の打合せ


昨日は
旭川のクライアントKさんへの
プレゼン後
「山の手コートハウス」
クライアントKさんとの
現場立会及び打合せを行う。

物入れに取り付けるステンパイプの高さ
押入れの棚の高さなどは
最終現場にて
確認し進めていきます。

造作洗面のカガミの幅や
高さなども現場で確認。

その他
各部位も都度確認しながら
進めていきます。

設計図面には
記載してあるが
可能な限り
現場で
最終確認していただくようにしています。

暗がりの中、ロフト上で
スマホの灯りを頼りに打合せしています(笑
Kさん
ご協力ありがとうございます!
 

現場での打合せも
クライアントさんと楽しみながら
進めていきたいと考えています。

ハウスメーカーのように
マニュアルがあって
短期間でできる住宅もあれば
時間をかけて
創り込んでいく住宅もあります。

人それぞれ価値観が違うので
クライアントにとって
後悔しない
最良の方法で
建築されるのを望みます。


お子さんの
Nくん、Nちゃんは
途中から一生懸命
現場内のお掃除を
始めてくれました。

現場がきれいだと気持ちがいいです。

ありがとう!



そして今回は
これを取り付けます。

「スベリ台」
「ブランコ」
に続き
「ボルダリング」


お子さんにとって
またワクワクする仕掛けを創ります。



そして
今日は
「リノベーション」
クライアントKさんとの
打合せ。

元の設計図書から作製した
断面検討図をご覧いただきながら
高さ関係の確認、仕様などの
打合せを中心に行う。

リノベーションの場合は
開けてみて図面と違う場合もあるので
最終は現場にて確認となります。

こちらの住宅も面白い建築に
なりそうです♪


そろそろプロジェクトタイトル
決めなければ💦


建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


2017年9月23日土曜日

☆PLANは重要☆


本日
旭川より
クライアントKさんに
お越しいただき
プラン提出。

敷地が広く
阻害要因が少なく
色々な可能性があり
今回も
とても悩み
と同時に
楽しみながら考えました。



実はちょっと伝えたいことがあります。

最近
設計事務所の作品を
掲載しているサイトで

クライアントさんが
自分でプランを作製し
「何かピンとこないので
建築家にアドバイスしてほしい」
という
コメントを見かけました。

掲載されていたプランは
お世辞にもいいとは思えない
とても残念なプラン。

親切にアドバイスされている
建築家の方もいらっしゃいますが
なかには
「クライアントがプランしたら
我々は何をするのですか???」
疑問を投げかけていました。

わたしも同じ意見です。

プランはとても重要であり
建築の90%は
プランで決まるといっても
過言ではないと思います。

当然、建築基準法をクリアしながら
その敷地で
様々な可能性を考えて
ひたすら悩み試行錯誤しながらいつも
プランを考えています。

光の採り入れ方や
風の抜け
視線の抜け
低く抑えるのか
高く開放的に見せるのか...

敷地環境によって
見せ方も様々...

敷地も周辺の環境も
自分の目で見なければ
想像も出来ないし、
考えもまとまりません。

敷地も見ないでアドバイスすることは
不可能に近いのです。

同時進行で
エレベーション
断面構成
考えます。

25年以上設計してきても
いまだに悩みますし
難しいと感じています。

そこが建築の面白いところでもあり
魅力的なところでもあります。

クライアントの考えたプランを
そのまま受け入れて建築してくれるのは
ハウスメーカーさんだけだと思います。

悪気はないと思いますが、
数人の建築家とのやり取りを見ていて
ちょっと嫌な気分になってしまい
コメントさせていただきました。

どうか自分でプランせずに
信頼できる専門家に依頼することを
お勧めします。


話を戻しますが
クライアントKさんに
今回3案提出。

1Fリビング・2Fリビングのプランのほかに
平屋プランも提案。

色々な可能性がある敷地。

素材なども少し見て頂く。

素材や色なども建築する上で
とても重要です。



プランの感触も良かったようで
ホッとしました♪

いい意味で予想を裏切った
プランだったようです。

どの案で進めて行くかは
今後のお楽しみ。

Kさん
今後とも
どうぞ、
よろしくお願いします!!!

プラン提出までに
手を真っ黒にしながら
何度も何度も手書きで検討下書きしてから
「これでいい」
ではなく
「これがいい」
というものを
プレゼンしています。


建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


2017年9月17日日曜日

打合せ~薪ストーブ~


北海道もすっかり
寒くなってきました。

今日は
「H Residence」
クライアントHさん
薪ストーブの打合せで
リンクアップさんに
伺う。

ロケーションのいい場所に建築する
「H Residence」
には
とても似合うアイテムになりそう。


最近は
ストーブを検討される
クライアントさんも
多くなってきています。

冬が長い北海道。

炎を見ながら
長い冬を過ごすのには
とても癒し効果があると思います。



こちらは
ミニチュアの薪ストーブ。

昔の住宅や学校でよく見たタイプ。
とても精工に出来ていました。



候補に考えていた
薪ストーブも
実際に展示してあったので
参考になったかと思います。

ストーブに関しても
詳しく説明していただき
ありがとうございました。

その後
スタバで
仕様の打合せ。



こちらは
設置した
薪ストーブ


こちらは
設置した
ペレットストーブ


こちらは
設置した
薪ストーブ


種類も価格も色々...

Hさん
実現できるといいですね!

建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


2017年9月16日土曜日

現場打合せ~山の手コートハウス~


今日は
夕方から
「山の手コートハウス」
現場打合せ及び
立会を行う。

現場は順調に進んでいます。

今日のメインは
電気配線の打合せ。

実際現場にて
クライアントさんにも
立ち会っていただき
照明器具の
取付高さ・位置等の
最終決定していきます。


いつもお世話になっております
電気業者のKさんにも
打合せに参加していただき
決定していきました。


現場は
天井下地もほぼ終わり
空間も把握しやすくなったと思います。

ハイサイドの斜め天井が
効いた天井の高い大空間。




今日も
これから引き籠って
図面作製...

なかなか終わりません💦

建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


2017年9月12日火曜日

プチリノベ


今日は
以前から打合せを重ねていました
クライアントWさん
工事請負契約に立ち会う。


今回は
外構工事
カーポート工事
サイン工事
デザインを
依頼していただく。

施工は

クライアントWさん

住宅は
大手ハウスメーカー
新築されましたが
色々と
手を掛けたいところがあり
ご相談に乗っていた案件です。


外部デッキ製作
 

棚も何もない
シューズクローク?だったので
大容量の
シューズクローク
製作。

これから製作する
カーポートには
タイヤや
自転車を停めるスペースもあるので
シューズクロークの中は
もっとスッキリします。

このような
「プチリノベーション」
提案しますので
興味のある方は
お声がけしてください!


建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


2017年9月11日月曜日

造作キッチンと設計・監理契約


昨日は
「H Residence」
クライアントHさんと
平岡ベースさんで
造作キッチンの打合せを行う。


造作キッチンは基本的に
すべて自由に製作できます。

好きなところを
扉にも引き出しにも出来るし
取付ける位置や高さも自由
使用する素材も
決まりがありません...

どういう形状にも出来るということです。

建築設計もそうですが
ルールがなく
設計することが
実は
一番難しいのです💦

使用する機器類も
安価なものから
高価なものまで色々。

たとえば
海外製食洗機ひとつの価格で
ハウスメーカーの
標準品キッチンが2台くらい
購入できるようなものもあります。

Hさん
ここも優先順位を考えて
悩みましょう。


そして
アトリエに戻り
「リノベーション」
クライアントKさん
設計・監理契約
行いました。

ありがとうございました!


タイトなスケジュールで
進めていきます。

Kさん
今後とも
どうぞ
よろしくお願いいたします!


建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


2017年9月9日土曜日

打合せと現場(ガルバリウム鋼板)


平日は
プラン作製と現場...

基本的に
三方住宅に囲まれていたり
狭小地であったり
高低差のある土地であったり
崖地であったり
色々と条件の厳しい土地での
設計依頼が多いのですが
今回は
とても開けた広大な土地での案件。

普段は
ピンポイントでの
抜けを意識して
設計しているが
今回みたいに条件が良い土地になると
色々なことが出来てしまう。

これが意外に難しいです。

なんとか
3案の構想が出来上がり
これからまとめ作業に入っていく。

建築は
経験を重ねれば重ねるほど
難しくなっていくと感じます。

そこが面白いところなんだと思う。

さて
昨日プランがまとまり
スッキリした状況で
今日は
「山の手コートハウス」
クライアントKさんと
ショールームに伺う。



造作するキッチン天板に使用する
タイルの色決め。

ショールームに展示してある
キッチンにタイルサンプル
並べて
イメージをしていただきました。



光の加減なども
考慮して
イメージ出来たようです。

Kさん
お疲れ様でした!


その後
現場確認へ🚙

現場は順調に進んでいます。

今週から
外壁工事もスタート。

今回も
ガルバリウム鋼板を
使用しています。

「ガルバリウム鋼板」
軽量で構造にも負担をかけず
凍害にもなりづらい
すぐれた素材です。

意匠的にも
効果的でディテールの
違いにより
イメージが変わります。

同じ素材を使用しても
おさめ方によって
まるで違います。

残念なおさまりも
よく見かけます・・・



内部のほうは
ロフト空間の床下地が
出来ていました。

ロフトに上がり
見え方の確認。

一見バラバラに取り付けてある
開口部に見えますが
きちんと意味を持った位置に
設置しています。

景色の抜け・光の抜け・風の抜け
意識した配置。



リビングには
木製サッシも設置。

無事きれいにおさまっています。



なかなかシビアな
ディテール。

柱を現場で加工し
枠を隠したり
網戸を隠したりと
手間がかかったおさまり。

ミリ単位の精度を求めた
ディテール。

大工さんも経験と
腕が良くないと
出来ないでしょう。

それと
「面倒くさい」
ではなく
「面白い」

感じてもらうことが
とても大切だと思います。



以前書いて好評だった
「ガルバリウム鋼板」についての記事
貼っておきます。

ご興味のある方はこちらも
ご覧ください!


建築計画がある方は
事前にご連絡いただけますと
内覧が可能です。


ご希望の方は
下記ホームページのCONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ